Dreaming of Californication | 2007年09月
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2007.09.27

San Diego Street Scene 07

9月にサンディエゴで行われたロックフェス。メンツはこんな感じ・・・はい、微妙です。Rockやらヒップホップ、エレクト、スパニッシュバンドと種類は豊富だったんだけどメジャーどころが少なすぎる。

The Killers, Muse, Arctic Monkeys, Air, Panic! At the Disco, Spoon, Brand New, Clap Your Hands Say Yeah, Editors, Gym Class Heroes, The Academy Is..., The Album Leaf, Jack's Mannequin, Cold War Kids, Infected Mushroom, Social Distortion, Paolo Nutini, Augustana, Louis XIV, VNV Nation, Voxtrot, Mute Math, Village People, G. Love & Special Sauce, Mims, Ozomatli, Slightly Stoopid, Matt Costa, Kinky, Supersuckers, Elvis Perkins, Fair to Midland, Dios, Honeycut, Shut Up Stella, Sweet & Tender Hooligans, punk rock karaoke

2日間開催で2日通し券を持っていたのですが学校の都合でMuseがヘッドライナーだった1日目だけ参戦。太文字なのが見たバンドです。

前日にLAお隣のOCにてMuseを見てから速攻でSan Diegoまで移動。夜中だったので2時間かからずダウンタウンのホテルへ到着。次の日会場入りしたのは3時頃。お目当てはMuseだけだったのでメインステージの最前列シートを確保。途中Kinkyを見に行ったり他のステージのぞきにいったりして時間つぶし。

2051120207_5a33c29398_m.jpg 2051120167_c272f8f19d_m.jpg


2051906142_205a459b51_m.jpg 2051120279_0a0bed15fb_m.jpg



2051906322_284c112835_m.jpg 2051906860_59c4819e04_m.jpg


2051906788_87eb29a96d_m.jpg 2051121205_27afd73478_m.jpg


セットリスト
1. Close Encounters riff + Knights of Cydonia
2. Map of the Problematique
3. Hysteria
4. Supermassive Black Hole
5. Butterflies & Hurricanes
6. Feeling Good
7. Invincible
8. Starlight
9. New Born + Microphone Fiend riff + Ashamed outro
10. Blues riff + Time Is Running Out
11. Plug In Baby
Encore:
John F Kennedy speech
12. Take a Bow
13. Stockholm Syndrome + riffs
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted at 17:41 | [音楽]Concerts | COM(0) | TB(0) |
2007.09.27

ゴシップ・ガール ドラマ開始

アメリカでは新ドラマ開始ラッシュ中!

今期から始まったドラマで注目はゴシップ・ガールでしょう!




シリーズもののティーン向け小説が原作となっているんだけどこの洋書、私が日本にいたとき(3年前)に洋書で英語の勉強といえばGossip Girlでしょーってくらいみんな読んでたの。それがいつの間にかドラマ化なのでうれしいです。

NYが舞台でお金持ちの高校生たちが主役。要はセレブな生活を送る彼らたちの恋愛や友情がテーマ。さすがに今見ると10代向けの内容って感じだけど続きは気になる・・・

ブロンドのセレナを演じるのは旅するジーンズと16歳の夏ブレイク・ライブリー。この子どうがんばっても高校生には見えない・・・ダンを演じるのがモテる男のコロし方でかわいーーー!って映画ブログでも書いていたPenn Badgleyなんですが、髪がぁ!!!!映画のときのクルクルがよかったのにさっぱり短髪ですよ。クルクルのときのほうが断然かわいいのに!

今週で2話まで放送。打ち切りにならないようにがんばってほしいわー。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2007.09.26

Muse @ Verizon Wireless Amphitheater, Irvine CA


4月にLAで見て以来、通算3度目のMuseでした。

会場はロサンゼルスのお隣オレンジカウンティーのアーバイン。コスタメサで日本を満喫&サウスコーストプラザで買い物してから会場入り。キャパは1万5千人程度。フロアめっちゃちっちゃくて定員250人だよ、ありえない。6万出してでもフロアにしてれば最前も夢ではなかったわ・・・私の席はオーケストラ席でステージまで20メートルくらいだったかな。プレセールでしくじった、というかあれはないでしょーと嘆く人多数@海外フォーラムのためお隣さん前後聞いたら皆さんイーベイでした(笑)

オープニングアクトはImmigrantJuliette and the Licksの2つ。Immigrantは4月も前座やってたんだけどひどいです。そのへんの高校生バンド並み。Juliette and the Licksは女優ジュリエット・ルイス(ギルバートグレイプでジョニー・デップのお相手だった人ね。なにげブラピの元カノ)率いるバンドなんだけど普通でした。ロックな姉ちゃんって感じね。ノーメイクの時のヘドウィグことジョン・キャメロンミッチェルに似てると言ったら超失礼だけどちょっと似てた。

Muse出てくる前にいきなり司会者登場!「ここにいるみんなはMuseがいかに特別か知ってるよねー」で会場大盛り上がり。そんでカップラーメンのCMかなんかに使われてた聞き覚えのある曲で3人が舞台へ。愛しのマシュー王子ことマシュー・ベラミーは全身赤のスーツで登場。(どっかで見たことある衣装な気もする)ドム君は黒のシャツにグリーンのスキニージーンズでクリスは覚えてない(笑)

P1010991.jpg


Knights of Cyndoniaが案の定一曲目。この曲マジで中毒になるよ。ホント好きです。Supermassive Black Holeはライブ重ねるたびにかっこよくなってると思う。ロボットの映像も合ってて好き。Butterflies and Hurricanesのピアノ→盛り上がりは毎回泣きそうになります。ピアノはライトが光っててパワーアップ。Feeling Good毎度おなじみセルフ紙ふぶき。これをやりたいがために選曲するとしか思えないよ、マシュー。Apocolypse Pleaseなにげすごい好き。ドム君のドラムに合わせて赤く光る始まり方が鳥肌モノ。もちろん手拍子。Solider's Poem.携帯かざして会場がキラキラでした。これも毎度おなじみになってきたね。




こちらが不満の残るセットリスト。4月のLA好演のときより3曲も少ないし。まず一曲目にサイドニアってのが嫌なのぉ。これは一番最後に狂いたい曲なので・・そしてなぜBlissがないの?4月にもやってないし、北米ツアーのセットリスト見る限りアメリカ公演で絶対やらないんだけど。なのでBlissバルーンではなくPlug In Babyバルーンなんです。ほかのアメリカ公演でやってた(全部チェックしたわけではないけど)SunburnとMicro Cutsもなし。

1. Knights of Cyndonia
2. Map of the Problematique
3. Hysteria
4. Supermassive Black Hole
5. Butterflies and Hurricanes
6. City of delusion
7. Sing for Absolution
8. Feeling Good
9. Apocolypse Please
10 Solider's Poem.
11. Invincible
12. Starlight
13. New Born
14. Time Is Running Out
15. Plug In Baby

JFK Speech
16. Take A Bow
17. Stockholm Syndrome

アンコールの前に秘密結社についてのJFケネディのスピーチが画面に映し出される演出ってもしかしてアメリカだけなのでしょうか?日本でもやってた?そのあとに来る曲がTake A Bowなのが超意味深でマシューらしい。You’ll burn in hell for your sins.ね。誰かさんのことでしょ(苦笑)

そのあと、次の日の会場であるサンディエゴへと移動!車乗ってから駐車場出るまでなんと1時間!みんな自分のことしか考えてなくて割り込みまくりで超迷惑!サンディエゴでのショーのレビューはまた後ほどアップしまーす
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted at 23:36 | [音楽]Concerts | COM(0) | TB(0) |
2007.09.15

ハッキング

昨日こっちで使っている銀行のアカウントをオンラインでチェックしてたら見覚えのない請求37ドルってのがあってさぁ。会社名どう読んでも英語でも日本語でもなくってしかもフォーリンチャージも取られてて。海外なんてどこも行ってないしありえないー!と思い銀行へ電話すること夜中の3時。24時間サービスって素晴らしいんだけど、この電話が厄介で。夜中の電話サービスの仕事をしている人ってのは要はあまりお金持ちではない方々なわけで・・・となるとヒスパニックだったりアジア系が多くて訛りがひどい!いやー私の訛りもひどいけど彼らもなーに言ってんだか聞き取るのが難しいのよ。まぁ必死になりながら説明してカード止めてもらってお金も返ってくることになったから良かったけどさー。グーグルで請求先の会社名検索してみたんだけどナイジェリアの会社でして。ナイジェリアなんて行ってないから。たいした額じゃなかったし戻ってくるからよかったけど怖いわぁ。

カード番号手に入れたのなんて絶対コンピューターしかないからウイルスチェックすると300ちかくもやられてたよー!パソコン遅い人、絶対なんかしらウイルスいるからチェックしてみてー。

あーぁ、そんなわけでカードが使えない!明日Travisと Maximo Parkのライブチケット発売なのにー。日本のクレジットカード使いたくないけどTravisのためだからしょうがない・・・





このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted at 08:10 | [日々]Diary | COM(0) | TB(0) |
2007.09.07

Bitter Harvest




1924年アイルランド。キャベツ畑を営み生活しているハリーと息子のガス。木になった自分が棺おけになる夢を見たハリーは周りの人を憎むことに決める。その相手となったのは酒場を営む傍らお見合いサービスのようなものをしているジョージ。息子のガスや義理の娘までを使いジョージを貶めようとする...







中国の昔話をアイルランド舞台に撮った作品。

いきなりハリーが隣人を憎むことに決めたってのにえっ?って感じだったんだけどイギリスとの戦争で息子を亡くしそのショックで妻まで亡くしたハリーにとって「なんで神を信じていたのにこんなことが起きるんだ」という神に対する復讐心によってハリーがここまで醜い考えを持ってしまう。小さな平和な村で一個人が隣人を憎むように、アイルランドもイギリスと戦争をしており息子は亡くなるし、世界中ではまさに「隣人同士」が内戦をしている...そんな世界の醜さをこの映画に収めたかったんじゃないかなぁ。

それでもハリーはクレイジー過ぎてちょっと...って思ったけど。そんな父親の残された一人息子をキリアンたんが演じてます!ちょっと頭弱いんだけど純粋でいい子で。すっごいかわいかったー。アイルランド訛りがキツくてたまに何言ってんだかわかんなかったのが残念。



Colm Meaney
Adrian Dunbar
Cillian Murphy
Kerry Condon
監督:Goran Paskaljevic

アイルランド 2001年
★★★☆☆
ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。