Dreaming of Californication | 2011年12月
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.12.25

メリークリスマス!

日本ではもう月曜日になってますが・・・

メリークリスマス


PC022139


今月最初にハワイに行ってきた時の写真です。

今年中に、2011年お気に入りのアルバム記事書きたいけど・・・どうだろう。

皆様、よいお年をお迎えください。



スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted at 15:44 | [日々]Diary | COM(3) | TB(0) |
2011.12.23

We Need To Talk About Kevin 少年は残酷な弓を射る



エヴァは自らのキャリアと夢をあきらめ、ケヴィンを出産する。母と息子のコミュニケーションは早くからうまくいかず、16歳になったケヴィンは取り返しのつかない罪を犯してしまう。自分は息子を一度も愛していなかったのだろうか。ケヴィンの犯した罪における自分の非とは何だったのか。エヴァは罪悪感と母性の間で悩み苦しむ。



wntbk.jpg



ティルダ・スウィントン
エズラ・ミラー
ジョン・C・ライリー
シオバン・ファロン
監督:リン・ラムジー

アメリカ 2011年
★★★★☆
ドラマ

IMDbでの評価:7.8/10


幼い頃から全く母親になつかず、どう愛情を注いでいいかわからないまま成長した息子は16歳で無差別殺人を犯してしまう。モンスターを産んでしまった母親の葛藤を描いた作品。

過去と現在が交差して進められるタイプの映画だけれども、すごくわかりやすい。暗くて嫌悪感しか出てこない映画なんだけれど、赤色が印象的に使われていて映画としては美しかったんだけどね。とにかく、暗い。そして母親からの目線で描かれているので、ケヴィンの憎いこと・・・かといって、全部ケヴィンが悪いのか?って問われるとそうではなくて、プロに助けを求めたり、旦那もエヴァの見方になっていたら少しは違っていたのでは。

大きな罪を犯したんだろうなってのは最初のほうですぐにわかるんだけど、具体的に何をしたのかは最後の方にならないとわからないんですが、まさか弓とは。恐ろしい。

ティルダ・スウィントンはもちろんのこと、エズラ・ミラーの美形っぷりが半端ない!アンディ・ガルシアと出ていた2年前くらいの映画City Islandでもやたら綺麗な子だなあとは思っていたんですが、今回は鳥肌たつくらい冷酷で綺麗です。怪しい感じの男に弱いので(だから、キリアン・マーフィーとか大好きだもん)彼にはこれから大注目しとこう。まだ19歳とはね。色気ありすぎでしょ。

ちなみにサントラはRadioheadのジョニー・グリーンウッドが手掛けてます。



We Need to Talk About Kevin
We Need to Talk About KevinLionel Shriver

Serpent's Tail 2011-04
売り上げランキング : 5141


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。