Dreaming of Californication | 2013年04月
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.29

ムービー43

movie43.jpg

頭のいい弟に仕返しをするため、誰も探せ出せない謎の映画「Movie 43」を探してと嘘をつくティーンの男の子2人。世界で数十人しかアクセスできない謎のサーチエンジンを使って検索を始め出てくる動画をクリックしていくが・・・そこに映し出される12の作品を描いた超大物キャストによる超下品なオムニバス作品。


movie43chloe.jpg


海外レビューサイト、どこを見てもひどい、絶対見ないほうがいい、時間の無駄と言われてるこちら・・・けど、見てよこの豪華キャスト。主役をはれるAリスト俳優たちが小学生でもわかるくだらない&下品なジョーク満載の超おバカ映画をやってしまいましたよ。これは、いろんな意味ですごいです。12人だかの監督によるオムニバス作品となっています。ひたすら、くだらない話が続くんだけど、出てくる人たちみんな有名なのでよくこんなの出たよなーって関心しちゃうくらいネタのレベルが低すぎてすごいです。

初っ端の作品、ケイト・ウィンスレットヒュー・ジャックマンがブラインドデートで高そうなレストランに行くんですが、ヒューの喉に金玉着いてるんっすよ。マジで。えっなにこれ?なんで周りの人みんな平気なの?って顔するケイト・・・初っ端がこれだもん。度肝抜かれた。

アナ・フェリスのはプロポーズしようとしてきた恋人に対し「私の上にウンXしてくれる?」だし、クロエ・グレース・モレッツとキック・アスで共演していたクリストファー・ミンツ=プラッセのエピソードでは初めて生理になった女の子にあわてて911しちゃうデート相手の子供・・・見た目どぎついギャグの連発です。

爆笑ってより、ほんとなんでこの人達こんなの出ちゃってるのってのが頭から離れませんでした。

0点つけてるレビューサイトばっかりなんだけど、私嫌いじゃないです。こんな大物にここまでやらせたってのに評価をしたいのでね。


ケイト・ウィンスレット
ヒュー・ジャックマン
クロエ・グレース・モレッツ
エマ・ストーン
キーラン・カルキン
ショーン・ウィリアム・スコット
エリザベス・バンクス
ジャスティン・ロング
クリスティン・ベル
アナ・フェリス
ハル・ベリー
リチャード・ギア
ユマ・サーマン
ナオミ・ワッツ
ジェラルド・バトラー
監督:ピーター・ファレリー、エリザベス・バンクス、ボブ・オデンカーク...



スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.09

Lapsia ja aikuisia




結婚を控えているカップルヴェンラとアンテロ。しかし妊娠を望むヴェンラとアイススケート選手としてのキャリアを優先させたいアンテロとの間に行き違いが生じ始める。ある日勝手にモーニングアフターピルを飲まされていたことを知ったヴェンラは同僚のサトゥに相談していくうちにお互い惹かれていく。


producing-adults.jpg




子供が欲しくてしょうがないヴァンラなんだけど婚約者のアンテロはキャリア優先で子作りには反対。避妊に失敗した翌朝彼は勝手に避妊薬をヴァンラに飲ませるし、しまいには彼女に内緒でパイプカットの手術を受けてしまう。今子供が欲しくなくてもこの先気が変わるかもしれないのによりによってパイプカットって極端すぎでしょう。勝手に手術受けるのもありえないし。

一方ヴァンラは同僚のサトゥと浮気をしちゃうんだけど、サトゥは女性なの。同性とのセックスは浮気になるのか?ってとこも気になったけどヴァンラにとって同性ってのは関係ナシにアンテロとの関係に悩み疲れた結果なんだろうねぇ。そこまでは彼女の気持ちもわからなくはないなーって感じなんだけどそのあと子供欲しいーって言ってたのが嘘のようにサトゥのことで頭がいっぱいに。気まずい別れ方をしたんだけどまだ彼女のことは好きで。。。ヴァンラが何をしたいのか観てるこっちもわからなくてちょっとイライラ。

題名を日本語にすると「子供と大人」らしいんだけどそう言われると子供をほしがっている大人だけど結局自分だって何が本当にほしいのかなんてこれっぽっちもまだわかってない子供じゃん、ってのがテーマなのかと。途中退屈になっちゃってぼーっと観てたせいであんまりわかってないんだけどね(笑)フィンランドでは賞取ってたり評価も高かっただけにちょっと期待はずれでした。

Kari-Pekka Toivonen
Minttu Mustakallio
Tommi Eronen
Kari-Pekka
監督:Aleksi Salmenpera

フィンランド・スウェーデン 2004年
★★☆☆☆
ドラマ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted at 03:39 | [映画] 北欧 | TB(0) |
2013.04.07

Foxygen - We Are The 21st Century Ambassadors Of Peace & Magic

最近の流行りなのか新しいバンドのジャンルにやたらLo-Fiが多い・・・

Foxygenもそのうちの1つで、まるで1960年代に流行ったすべてのバンドをトリビュートしているかのように聞こえるくらい「60年代っぽい」バンドです。

ママス&パパス、ビートルズにボブ・ディラン、ストーンズ、ボウイ、Fleetwood Mac...

親世代に、これ60年代のバンドだよーって言っても絶対信じちゃうね、きっと。

foxygen.jpg



アルバムの中でも特にお気に入りのこの2曲。




Shuggie




San Francisco



That’s okay, I was born in L.A


We Are the 21st Century Ambassadors of Peace & MagWe Are the 21st Century Ambassadors of Peace & Mag
Foxygen

Jagjaguwar 2013-01-22
売り上げランキング : 3090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.06

ユダヤ系はイケメン多い?

実生活で私のことを知ってる人、Twitterで絡みのある人なら十分ご存知だと思いますが、イケメン好きです(笑)

男らしい人ってより、かわいい人のほうが好き。15歳の時にジョニー・デップに惚れてからこうやって映画を見るようになりアメリカ留学までしてしまったのでジョニーを一生好きってのは変わりないと思うんですが、あれから約15年もちろんタイプもちょっとずつ変わってきておりまして・・・。ジョニーの作品でも一番好きなのが「妹の恋人」なのでね。あの時ほんとかわいかった。目力強いかわいい男に弱いわ。

で、最近気づいたのがどうやら私の好きな系統にはユダヤ人が多いということ!!!

典型的なユダヤ系でよく言われるのが、「鼻がでかい(カギ鼻ってことかな)」、お金に執着している、とか。ビジネスで成功している人ってけっこうユダヤ系が多いと思います。Gleeのレイチェルなんかがアメリカ人が見ればすぐにあーあの子ユダヤ系だわってわかる鼻の形してるしね。


hotjews.jpg



左上から・・・

ジョセフ・ゴードン・レビット 
(俳優・インセプション、ルーパー、ダークナイト・ライジング)

アンドリュー・ガーフィールド 
(俳優・アメージング・スパイダーマン、Boy A)

ジェイク・ギレンホール 
(俳優・ドニー・ダーコ、遠い空の向こうに)

ジョシュ・ラドナー 
(俳優・ママと恋に落ちるまで、ハッピーサンキューモアプリーズ)

アンディ・サムバーグ 
(俳優・サタデー・ナイト・ライブ、セレステ&ジェシ、ホット・ロッド)

ポール・ラッド 
(俳優・フレンズ、40歳の童貞男、40男のバージンロード)

エズラ・ミラー 
(俳優・少年は残酷な弓を射る、The Perks of Being a Wallflower)

エズラ・クーニグ 
(ヴォーカル Vampire Weekend)

ホアキン・フェニックス 
(俳優・グラデュエーター、ウォーク・ザ・ライン)

ジェームズ・フランコ 
(俳優・スパイダーマン、127時間、パイナップル・エクスプレス)

ザック・ブラフ 
(俳優・スクラブス、終わりで始まりの4日間)

マーク・ロンソン 
(DJ)

iPhoneアプリで写真作れるやつ使ったんだけど12枚しか選べないので、ジェシー・アイゼンバーグとアダム・ブロディはいませんがw

マーク・ロンソンとアンドリュー・ガーフィールド以外アメリカ人なんだけど、普段そんな意識しない◯◯系アメリカ人っていう言い方。日本ではみーんなほぼ日本人だからそういう感覚ないもんねー。けっこうそういうの気になるタイプなので、留学中は知り合う人にバックグランド聞いたりしてへーとか思ってました。

ユダヤ系アメリカ人―偉大な成功物語のジレンマ (PHP新書)
ユダヤ系アメリカ人―偉大な成功物語のジレンマ (PHP新書)本間 長世

PHP研究所 1998-02
売り上げランキング : 365137


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.01

セレステ∞ジェシー

tumblr_mk986caWaF1qaavzmo1_250.jpg

学生時代に恋に落ち、そのまま結婚したセレステとジェシーは、誰もがうらやむ理想的なカップルだった。しかし、セレステの提案で「永遠に親友でいられるように」と30歳を機に離婚する。離婚後も隣同士の家で毎日顔をあわせ、親友関係を満喫していた2人だったが、ある出来事がきっかけで毎日会うことができなくなってしまう。そうなって初めて、セレステはジェシーの存在の大きさに気がつくが…


tumblr_mii8soOLpM1qh588ko1_500.jpg


5月に日本でも公開決まりましたねー超嬉しい♡

お互いのためを思って別れたのに、ずるずる友達で新しい恋もできなくて・・っていう経験したことある人けっこういると思うんですけど、相手に恋人ができちゃった時ってどうですか?別れてるんだから、当たり前のことなのに実際そうなっちゃったらいろんな感情に襲われてしまい、ほんとにこれでよかったのか?って疑問に思い始めてしまい、最悪なことにまだ好きなんじゃないか?付き合ってた時はこんなことが嫌だったけど我慢すればよかったんじゃないか?ってどんどん自分をせめてしまう。私は同じような経験はないけれど、今の恋人とこんな関係になったら・・・ってセレステの立場だったらって考えただけで、なんだか胸が詰まる。

やっぱり恋愛って難しいよなーとつくづく考えてしまう作品です。予告だけ見てても泣けてくる。


アンディ・サムバーグ
ラシダ・ジョーンズ
イライジャ・ウッド
監督:リー・トランド・クリーガー

アメリカ 2012年
★★★★★
ドラマ



このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。