Dreaming of Californication | バハマ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006.01.16

バハマ




夕方フロリダを出航し、次の日の午前中にはバハマに到着。バハマといっても普段は聞きなれない国なのかな?結構行く前に、バハマってどこ?って聞かれることが多かったので軽く書いときます。

正式名称:Commonwealth of The Bahamas
首都:ナッソー
人口:約30万人
公用語:英語
地理:フロリダ半島の南約88キロ沖から南東にかけて約700の島々と2500の岩礁からなる。
歴史:1973年にイギリスより独立。
レート:バハマドルがあるが、アメリカドルと等価。


船内で朝食を取ってから下船の準備。降りてから申し込んでいた船の会社主催の市内観光へ。ちなみにこの市内観光、日本語版だと8000円ちかくなのに、英語だと半額以下の$24でした。外国人グループに私とママだけ混ざっての市内観光で行ったのはシャーロット砦、ウォーター・タワー、ホテルがオープンした当初から絶対行きたいと思っていたアトランティスホテル。最後の目的地だったアトランティスホテルではもっとじっくり見たかったので、運転手に残る、と告げホテル内散策。めちゃくちゃ豪華でした。

そのあとはタクシーでナッソーダウンタウンへ。国の色がピンクだけあって、建物がかわいいの!小さいダウンタウンなので歩いてぶらぶらと見る感じ。免税だったけど、特に欲しいものはなかったのでそのままダウンタウンのはずれに位置するストローマーケットへ。露天がずらーっと立ち並ぶんだけど(ハワイでいうインターナショナルマーケットプレイスって感じだけど規模が違った)とってもカラフル。ここでは値切るのが当然らしく、話しかけられたらとりあえず値切っといたけど何も買いませんでした。

そのあともしばらくダウンタウンを見てまわったあと、船へ戻る途中、10歳くらいの男の子2人に話しかけられたんだけどちょっとショックだった。その子は私のところにくるといきなり「これから歌を歌うから4ドル払ってくれない?」って。私は忙しいからごめんね、と言うとそれでも「すごくいい歌なんだよ。お願い。」って着いて来るので困ったけど断ってきました。今まで旅行してきた国とは明らかに違うなーってそんとき実感。

その日はディナーの時間から夜の12時までは全員フォーマルを義務付けられていたので、嫌々ドレスに(笑)そんなもん持ってないのでママの知り合いに借りたやつだったからさーけど普段は結婚式とかくらいでしかそんな格好をする機会がないのでおもしろいっちゃーおもしろかったけどね。やっぱりこういうときってアメリカ人は慣れてるよね。みんなドレス姿が様になってた。

ダウンタウン、ストローマーケット、アトランティスホテルの写真はこちらで。

pictures
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/326-59661c19
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。