Dreaming of Californication | デスパレートな妻たち シーズン6 エピソード11
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010.01.10

デスパレートな妻たち シーズン6 エピソード11

ブリー、オルソン、カール死んじゃう???!!!から約一ヶ月。
やっとこさ放送再開したデスパレートな妻たちのシーズン6。

たぶん6シーズンずっとやってきてて一番泣けた。というか初めてマジで泣けたエピソード。





「what if?」というのがテーマだった今回。

*ブリー:もしカールと結婚したら?
*スーザン:もしカールと離婚しなかったら?
*ガブリエル:もしカルロスとも別れてまで次女を女優として成功させようとしたら?
*リネット:もし生まれてくる子供が障害を持ってしまったら?

特にブリーとリネットのエピソードには泣けたわぁ。

スーザンはおデブちゃんで、ガブちゃんはこないだ見たドリュー・バリモアの映画「Gray Garden」みたいにお金もなくなって娘と2人で狂った人生になっちゃう親子っぽかったし。

ネタばれはひかえますが(って十分してるけど・・・)今回のエピソードは永久保存な勢い!

かわいそうなオルソンとブリーがよりを戻す日も近そうなので楽しみ。

って戻さなかったら嫌ー。てか、ブリーの周り人死にすぎじゃん?


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/602-ccd54afd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。