Dreaming of Californication | デスパレートな妻たち シーズン6 エピソード20
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010.04.27

デスパレートな妻たち シーズン6 エピソード20

いよいよ終盤に近づいてきたシーズン6!!

この記事はシーズン6の最大の謎だったジュリーを含む若い子達を襲った犯人が思いっきりネタバレしているので知りたくない人はここでストーップ!!!

dh620.png



では、思いっきりネタばれで感想書かせてもらいますー。

もぉーーーなんて素晴らしいエピソードだったんだろう!

前回で既にエディーが犯人ってことはわかったんだけど、彼の登場回数ってほんと数回だし、全く目にもくれないキャラだったから無理やり登場させてこのやろーくらいな感じでちょっとがっかりだったんだけど(だってみんな新キャラの旦那が犯人って思ってたでしょ?)、今回のエピソードでものすごくうまーく彼の悲しい人生を描いてくれてたよ。ほんとに!

今回のエピソードで語られたのはなぜ、こんな普通の少年が少女を襲う「怪物」になってしまったかということ。ウィステリアレーンで幼かった頃から時間を過ごしてきた皆のエピソードが語られる。

4歳だったエディーを置いて家を去った父親。男に頼らないと生きていけない母親は幼い彼を置いてバーで男をひっかけたり。そこでエディの置かれている状況を理解し助けになろうとしてくれたメアリーアリス。だけど母親の中でエディは彼女の人生を狂わせたという思いしかなかった。

引っ越してきたばかりのガブリエル。まだ友達もいないし、カルロスは仕事で家にいない昼間暇をしていたところにバスタブの中で遊んでいるエディを発見する。引越しの手伝いをさせるために一緒に時間を過ごすようになるけどカルロスにバレて、追い出されてしまう。そこで初めて女性にいいように利用されていると悟った9歳だったエディ。そして家に戻りおもちゃの銃を鳥に向ける・・・

ティーンになったエディをペインターとしてバイトさせていたブリー。気持ちにといって少し多めのお金を渡しても返すような青年だった彼。好きな子にプレゼントでも・・・とお金を渡すが、相手がダニエルだとは知らずにいた。エディの渡すプレゼントに目もくれないダニエルを見たブリーは彼の母親のもとへ行きやんわりと断りをいれるようにお願いをする。しかし、家に帰ってきたエディに対し侮辱し傷つける母親。そんなエディに「いつかあなたにもYesといってくれる女の子が現れる。それまで待ちなさい」とやさしく言い聞かすブリー。しかし、彼にYESという女の子は路地裏で見つける売春婦だけだった・・・そんな売春婦に花を渡そうとするが、相手にバカにされ頭にきた勢いで殺してしまう。

カフェでバイトをしていたエディの絵の才能を発見したスーザン。個人的に絵を教え、2週間のアートクラスのお金も出してあげ大喜びのエディ。しかし2週間後帰宅してみるとスーザンはマイクとの再婚を決めたところだった。スーザンに恋心を抱いていたエディは変わりに彼と結婚するように言うがスーザンはジョークだと笑ってしまう。傷ついたエディは夜、ごみをだしていたジュリーをスーザンだと思って後ろから襲い掛かる・・・病室でジュリーの横に座っていたエディ。「こんなことをした奴は自殺でもすべきだ」と言うエディに対し「臆病すぎて自殺もできないような奴よ」と返すスーザンにただうなずくだけった。

アル中になっている母親を見かねてリネットはトムと相談し助けてあげようとエディの家へと向かった。中では犯行を警察へと電話しようとした母親を殺してしまったエディがいた。倒れている母親を見たリネットはただ酔っ払ってつぶれているだけと思いエディを自分の家に移り住むように説得してしまう・・・

少しだけどエディの人生に関わっていた5人。だけど誰も彼を助けられなかった。

“What creates a monster? Other monsters”

スカーボ家になにかが起きそうで怖いです。









関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/623-f19878e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
初めまして☆いつも楽しく拝見させてもらってます。
私も今回のEPは本当に考えさせられる回でした~誰にも愛情を注がれなかったらこういう風になってしまうのかなと本当に悲しくなりました。
最後の、モンスターは違うモンスターの手によって造られるっていうナレーションにぐぐっときました。
エディーを見てたら最近虐待のニュースが多いし虐待されている子の将来を心配してしまいます。
とにかくデスパレートな妻たちは面白いですね!中だるみがなく毎回楽しみです。
映画のブログもとても楽しく見させてもらってます!いつも更新楽しみにしてます♪
Posted by ayukitten at 2010.04.29 08:47 | 編集
ayukittenさん

はじめまして!コメント嬉しいです☆ありがとうございます。

このエピソードはエミー賞モノ!くらい素晴らしかったですね・・・悲しい話なだけに特に。心に闇を持っている人って絶対何かしらの理由があるんですよね。もちろん犯罪を起こすのは問題外ですが、誰かが気が付いてあげれてば・・・と思わずにはいられません。

今週のエピソードもご覧になられましたか?リネットがキーパーソンになりそうですね。母親発見も秒読みといったところでしょうか。アンジーの身の危険も見てられません。ガブちゃんとスーザンの演技には大爆笑でしたー。あの2人ほんといいコンビですよね。

ほかにもおすすめドラマや映画などあったらぜひ教えてくださいね!よろしくお願いします☆
Posted by akky at 2010.05.03 05:39 | 編集
初めまして、画像がとても綺麗で驚きました。
さかのぼって拝見させて頂きました。
凄い~感動~


それと、このエピは涙が止まりませんでした。
悲しさが詰まっていて、子供が居るので
感情が入り、涙なしでは観れませんでした。

デスパ6まで来ると同じ様な話あったなっとか思ったり。
しかし、ここへ来てなかなか内容が濃く感心です。

リネットとトムの会話が大好きです。

Posted by さわやん at 2010.05.14 04:04 | 編集
さわやんさん>

はじめましてー!コメントありがとうございました。
今シーズンのラストには驚きでした・・・
ショック&アンジーの件にはすっきりというか。
あと半年待たされると思うと・・・無理です(笑)

私もリネットとトムカップル一番好きです。あんな家庭が欲しいです。

よかったらまた遊びにいらしてくださいね!
Posted by akky at 2010.05.17 06:22 | 編集
はじめまして~。
わたしもデスパレートな妻たちが大好きで、アメリカのアマゾンからDVDを取り寄せて去年の秋、シーズン6を見ました。
前半はあまり愉快ではない話しが多くて、今回はだめかな~と思ったのですが、後半のエディのストーリーで一気に好きになりました。メインの登場人物を食ってしまうすばらしい演技でしたね。お話だとはわかっているのですが、あの後、りネットが彼に面会にいってたりしてほしいな~などと考えてしまいました。
Posted by ohio1982oh at 2011.06.05 10:04 | 編集
ohio1982ohさん

はじめまして!

シーズン6は基本的に悲しいことが多いシリーズでしたよね。リネット最後どうなるかほんとドキドキしながら見ておりました。エディの今後も気になりますよね。前のシーズンの人達がいきなり戻ってくるのもこのシリーズにはよくあるのでもしかしたらゲスト出演もあるかもしれないですね!
Posted by akky at 2011.06.09 17:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。