Dreaming of Californication | テイク・シェルター
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.03.05

テイク・シェルター

take_shelter.jpg

異常気象襲来に対する恐怖にかられ錯乱する男の狂気を描いたサイコスリラー。田舎町で妻と娘と幸せに暮らしていたカーティスは、異常気象に襲われる悪夢を見て以来、その恐怖にとりつかれてしまう。避難用のシェルター作りに没頭するカーティスに対し、家族や周囲の人々は次第に不信感を募らせていくが...


TakeShelter.jpg


マイケル・シャノン
ジェシカ・チャステイン
シェー・ウィガム
ケイティ・ミクソン
キャシー・ベイカー
監督:ジェフ・ニコルズ

2011年 アメリカ
★★★★☆
ドラマ 

2011年のベスト作品に挙げている方・メディアが多かった作品です。日本でも今月公開とはなかなか目の付け所がいいですねー。マイケル・シャノンの演技はオスカーに値するよ!って評価もネット上では多くみられるんですが、ほんとその通りです。ザ・ヘルプ、ツリー・オブ・ライフのジェシカ・チャステインも出てるんですが彼女ほんと2011年活躍しましたよねー。未だにブライス・ダラス・ハワードと間違えちゃうんだけど(ヘルプではほんとに逆だと最後まで思ってた!)。同い年で出身も同じで顔そっくりってすごいです(笑)

安っぽいホラーなんかより数百倍も怖いです、これ。精神的にくるのであんまり落ち込んでいる時に見ないほうがいいと思います。精神病なの?それとも周りが間違ってるだけ?とてつもない竜巻が来るっていう予知夢を見てから人が変わったかのようになっちゃった男と巻き込まれちゃう家族。どっちなの?!って疑問を持ちながら最後まで映画は進むんですが途中、母親が精神病だったりっていうのも絡んできてか、ますますわかんないまま進むんですよね。ラストがあれでほっとしました。いや、良くないんだけどほっとしたよ。

どうしようもできないほどの恐怖にとりつかれた時、人ってホント何やるかわかんないもんね。マジ怖いです。






関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/734-b3cf4ac8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。