Dreaming of Californication | The Parking Lot Movie
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.04.05

The Parking Lot Movie

plmovie.jpg

バージニア州シャーロッツビルのとある駐車場を舞台にしたドキュメンタリー作品。駐車場で働く従業員たちにカメラを向け、そこから読み取れる資本主義への批判、車社会の現実などアメリカの本質を描く。


TheParkingLotMovie.jpg





去年のSXSWでも話題になっていたドキュメンタリー作品。。

チケットに印字された時間を見てお金を計算しもらう、という極めて単純な仕事に就いている彼らに密着をしているだけの映画なんですがなんか変なおもしろさがありました。

客の中には高級車を乗り回してるのにたった40セントを支払うのを拒否する人もいれば、入口のバーを壊していく人たちなど。どんなにお金を持っていても、いい車に乗りいい仕事をしていてもそういうところで本当の人間性が見えてくる。私がアメリカに住んでいたときにちょっと似ている思いをしたことが・・・。それはレストランやバーのウエイターに対してどういう態度を取るかによってその人の人間性がわかるってこと。どんなに普段はいい人でもウエイターに対してとんでもなく偉そうだったりすると、あぁこの人って自分が上の立場だと思うとこういう風になるのねって納得していたのでね。あとは、アメリカの車社会についてや資本主義への批判なんかも語られていました。

そんなところで働く従業員たちだけれども、共通して言えることはみんなこのパーキングで働くことが好きだということ。特別な知識もいらないし、誰にでも出来る内容だけど、好きな仕事をしているってことが結局一番重要なんだよね。心からこの仕事が好きだって胸張っていえる人どのくらいいるんだろう。

最後にみんなが今何をしているかってのが出てくるんだけど、この人どっかで見たことあるーと思ったらYo La Tengoのジェイムズ・マクニューでした!!!


監督:メーガン・エックマン

アメリカ 2010年
★★★★☆
ドキュメンタリー

IMDbでの評価:7.1/10


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/780-e2b12aba
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。