Dreaming of Californication | Blue Valentine ブルーバレンタイン
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.02.22

Blue Valentine ブルーバレンタイン



結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーンとシンディ夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生活を何とか守ろうとする2人だったが、かつては夢中で愛し合った時期があった…@シネマトゥデイ



alg_blue_valentine.jpg



劇場を出る際に泣いている人が多かった・・・という前評判の通り誰もが経験したことのある「失恋」(この2人の場合は離婚だけど)を描いてます。絶対にうまくいっている恋人とは見ないほうがいいです。これ見ようって誘ったら別れたいの?って思われるかも。

周りが見えないくらい愛し合っていた時と、愛情が冷め切っている今が交互に映し出されるんだけど、
いやーほんと見てるのツラかったもん。これって誰もが経験することじゃない?初恋の人と結婚して今でもラブラブですよーって人以外は。冷め切って愛情のかけらすら見れないシンディとの関係をなんとかして修復しようとするディーンのかわいそうなこと。きっと多くの人が両方の立場になった経験があると思うんだけど、どちらの気持ちも理解できるからこそ見ていて辛かったなぁ。

なぜ修復不可能なところまで関係が冷め切ってしまったかは描かれることはなく、きっとちょっとした積み重ねやすれ違いによって崩れていったんだろうなぁと想像しかできない。シンディの立場になったことがあるけれど、もう一緒にいること自体が苦痛。ちょっとしたことを言えばそこから言葉をひろっては意味を変えて攻め立て、口喧嘩。もちろん抱かれることなんてありえない。ハグすらしたくない。もうここまできたら相手がどんなことをしようともウザったいとしか見れなくなっちゃうんだよね。経験アリ(笑)

500日のサマーをもっとリアルにした感じ。

悲しいねっだけどしょうがないよ。

一生ともにする相手を見つけるのってホント大変だよなぁ。しみじみ。


ライアン・ゴスリング
ミシェル・ウィリアムズ
監督: デレク・シアンフランセ

アメリカ 2010年
★★★★★
ロマンス ドラマ

IMDbでの評価:7.9/10

Blue Valentine
Blue ValentineVarious Artists

Lakeshore Records 2011-02-22
売り上げランキング : 127142


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/791-ec4a048c
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。