Dreaming of Californication | Black Swan ブラック・スワン
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.02.03

Black Swan ブラック・スワン

black-swan-movie-poster-195x300.jpg

ニューヨークのバレエ団に所属するニナは、元バレリーナの母とともに、その人生のすべてをダンスに注ぎ込むように生きていた。そんなニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが巡ってくるが、新人ダンサーのリリーが現れ、ニナのライバルとなる。役を争いながらも友情を育む2人だったが、やがてニナは自らの心の闇にのみ込まれていく。


blackswan.jpg



ナタリー・ポートマン
バンサン・カッセル
ミラ・クニス
ウィノナ・ライダー
セニア・ソロ
監督:ダーレン・アロノフスキー

アメリカ 2010年
★★★★★
ドラマ 

IMDbでの評価:8.6/10





うわーほんとすごかった。

アカデミー賞ノミネート作品の中で衝撃的という意味では一番。悪夢見ちゃうくらい強烈です。ほんとに。全体的にとにかく気持ちが悪い。もちろんビジュアルが気持ち悪いってのもあるけど、人と人との精神的に行われる攻撃というのかな?心理的な気持ち悪さもありで。かといって気持ち悪いしか残らないのではなく映画としての出来も最高に素晴らしかったです。主演を演じるナタリー・ポートマンに拍手してあげたいです。

彼女自身のキャリアとしてもこれから語り継がれていく作品になることは間違いないし、なんといってもニナというキャラクターがナタリーとかぶる部分もあったりして。彼女のパーソナルなことはもちろん知ることはできないけれど、子供の時から女優として成功してしまい周りからのプレッシャーをニナのように常に感じてきたんじゃないかなぁ。そして「優等生」というレッテルを貼られてしまっており、それを今回のニナ役で破ることもできたと思うし。

ゴールデングローブのナタリーのスピーチがすごくおもしろかったんだよね。婚約者に向かって「あなた劇中では私とヤリたくないって言ってたじゃない!」!!うっそーそんなこと言っちゃうのねってびっくり。

悪夢のような映画であったけど、それ以上に美しくもある作品でした。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/792-5c7a963b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。