Dreaming of Californication | Amreeka
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011.02.07

Amreeka

amreeka-thumb-608x900.jpg

アメリカ永住権に当選しイスラエルからアメリカ、イリノイ州へ移民してきたシングルマザーのムナとその息子。妹家族を頼りにアメリカへと移住するがアラブ系への差別がひどく思い描いていたような生活を送ることができない。学校でいじめにあい始めた息子は母親に冷たく当り、夜も出歩くようになってしまう・・・

1262727207-amreeka.jpg


Hiam Abbass
Alia Shawkat
Joseph Ziegler
監督: Cherien Dabis

アメリカ 2009年
★★★☆☆
ドラマ
IMDBでの評価:6.9/10

アメリカ移民をテーマにした作品。内容としてはどこかで聞いたことがある感じなんだけど、テロのあと特にアラブ系への差別がすごかったときを設定にしています。

私も外国人としてアメリカに住んでいたのであの国で移民だけで普通の暮らしをするのがいかに大変かはわかっているつもりです。祖国では大学教授をやっていたけどアメリカにきてから就けた職はコンビニやらファストフード。いくらキャリアがあっても移民ってだけで(どこからきたかににもよるけど)出来ることが限られてしまう。この映画のムナもそう。プライドが邪魔してまさかファストフードで働いているなんてことは家族にいえない。息子の将来のためにと移住を決めてきたはずだったのに、学校でいじめにあいドラッグまでもやるようになってしまうし。

もちろんどこの国に行っても外国人として暮らしていくことは大変だけど、人種だけでここまで差別されてしまうのを目の当たりにしなんだか嫌な気分になってしまいました。

終わりでは家族みんな+先生で祖国の料理を食べるシーンにはほっとしたけどね。




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/798-76cfda66
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。