Dreaming of Californication | Cemetery Junction
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.01.04

Cemetery Junction

new-cemetary-junction-poster--420-75.jpg

1970年代、舞台はレイディングにある貧しい田舎町セメタリージャンクション。保険会社に就職したばかりで将来に希望を持つフレディ。鉄道会社に勤めているが全くモテないスノーク。そして町の工場で働いているブルース。貧しい町に生まれたが、このまま親と同じ人生を歩みたくないと思っている3人の青春映画。



cemjun.jpg


トム・ヒューズ
マシュー・グッド
レイフ・ファインズ
エミリー・ワトソン

監督:リッキー・ジャヴェイス
   スティーブン・マーチャント

イギリス 2010年 
★★★★☆
ドラマ 

IMDbでの評価:7.0 / 10




本家The Officeのリッキー・ジャヴェイス監督作品。コメディじゃない普通の青春映画撮ってました。なんか意外。彼自信もフレディの父親役で出てたけど、なんか違和感・・・役者としてはコメディやってるのが一番あってるかも(笑)この人の「オーマイゴースト」も「The Invention of Lying」もアメリカのコメディとは違ってブラック・ユーモア満載でかなり好きです。

親が貧しい、町全体が貧しい。そんな状況で育ってきた3人だけど、自分たちは違う道をいきたいと思っているけどなかなか難しい・・・生まれ育った環境から出るのって簡単そうに見えてそうもいかない。口ばっかりで結構行動できないままいる自分にも苛立っている。日本みたいにみんなが普通にそこそこいい暮らしできて、大学も行けて、好きな仕事できちゃうのとは違って。イギリスの青春映画って特にそういう生まれ育った環境にしばられてるっての目立つ気がする・・・イギリス行ったことないし住んだこともないのでわからないけれど。こういうテーマ個人的にすごく好きなのでね。話脱線するけど、だからケン・ローチ監督作品がすごく好きなんです。自分の中でイギリスの労働階級といえばケン・ローチってくらいだから。

主役のフレッドよりも目立っていたのがトム・ヒューズ演じるブルース。彼かっこいー!!!去年のバーバリーのモデルなんかもやってたし、若手注目俳優みたいなやつにも選ばれてるし!反抗的な感じの見た目がやばいわー。かっこいい!脇役が豪華でエマ・ワトソン(一気に老けた?)にレイフ・ファインズ(この人もうハリポタのイメージが強すぎちゃってダメ)、にマシュー・グッド!さすがイギリスってところ揃ってます。

ベタなストーリーといえばそうだけど、最後には3人ともちょっとした後押しもありで人生一歩前に進んだ終わり方はすっきり。私もあと5歳若かったらなぁー。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/845-80f184a7
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。