Dreaming of Californication | ビッグショット・ダディ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009.09.22

ビッグショット・ダディ

0948e8cd-s.jpg

高校教師をしているシングルファザーのランス。小説を書き続けているが今だに出版したことはなく、同じ高校に通う息子のカイルは反抗的で好きなことといえばネットでポルノを見てマスターベーションをすること・・・高校の教師仲間で生徒からも人気のあるクレアとの夕食へとカイルを連れて行くが帰宅後、部屋で自慰行為中に事故死してしまったカイルを発見してしまう。とっさに自殺と見せかけ偽の遺書を書いたランス。皮肉なことにその遺書が全米中の注目となり、しまいには偽者の「カイルの日記」が出版されカイルはヒーロー的存在になってしまうが・・・



wgd.jpg



かなーり久々のロビン・ウイリアムス主演モノ。ここまでブラックな作品だとは!

自慰行為中に死んじゃった(アホな)息子カイルの父親ランスが彼の遺書を偽って書いたことによりぱっとしなかった人生が激変しちゃって・・というものなんだけど、あの息子強烈でしょー。まだ記憶にも新しいキル・ビルのビルことロビン・ウイリアムスの死に方も同じだったなんて言われてるだけになんてタイムリー!とまで思っちゃったしね。

自殺でもなんでもないのに父親の書いた偽の日記が出てからはもう全米のヒーロー扱いにまでなっちゃうカイル。そこで唯一怪しいって信じようとしなかったのが息子の親友だったアンドリュー。カイルがいなくなり、遺書のことも正直に話したあと一人ぼっちになってしまったランス。結局そばにいてくれたのもアンドリューと隣人で今まではまったく交流のなかったおばさん。どんな形であれ、家族のような存在を見つけられたっていう終わり方は良かったなー。

見終わってから気が付いたんだけど息子役だった子ってスパイキッズのクルクル頭のダリル・サバラだったとは!高校生の役とかやっちゃっててショック・・・時間経つのって早いわ。


ロビン・ウイリアムス
ダリル・サバラ
アレクシー・ギルモア
監督:ボブキャット・ゴールドスウェイト

アメリカ 2009年
★★★★☆
ブラックコメディ

IMDbでの評価:7.8/10




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/921-8057bd07
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。