Dreaming of Californication | Escape From Tomorrow
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.03

Escape From Tomorrow

エスケープフロムトゥモロウ

幼い2人の子供を連れてディズニーワールドへ旅行にきているジム。せっかくのバケーション中なのにも関わらず電話でいきなり仕事をクビになったと知らされます。妻に言えないまま、さっそくパークへ向かう4人。イッツ・ア・スモールワールドに乗っていると、人形の顔が変わったり、息子の目が真っ黒に見えたり不思議なことが起こり始める。別々のアトラクションに乗りたいからと、途中で父と息子、母と娘で別れて行動することになり、パークを歩いていると朝にモノレールで見かけた若いフランス人の女の子たちと何度かすれ違うように。2人のことが気になるジムは彼女たちを追いかけるようになってしまい・・・


escape_from_tomorrow.jpg



以前、記事にしていたディズニーの許可なしに撮影してしまったディズニーランドを舞台にしたホラー作品なんですが、USのiTunesで配信されていました。さっそく見てみたんだけど、ホラーっていうジャンルに入れれない不思議な作品でしたねー。怖いっていうより、気持ち悪い感じ。トワイライト・ゾーンっぽい感じかな。さすがゲリラ撮影しただけあってカメラが揺れたりしてそういう意味での気持ち悪さもあったんですが(笑)ちなみに撮影に使ったカメラはキャノンのEOS 5D MarkII。撮影自体は、たくさんまわりにカメラを持った人がいるので大変ではなかったそうですが、問題なのは俳優たちのセリフ。小型のオリンパスのレコーダーを俳優に付けて撮ったそうです。

アナハイムとフロリダで撮っていて、私は両パークに行ったことあるので懐かしさもありながら見ていましたが、作品内で舞台となっていたのはディズニーワールドのほうでした。アトラクションのシーンでアナハイムが使われていた感じですね。たまーに合成もあったけど、映画一本撮っちゃうくらいバレずにって考えると正直、すごいです。監督とインタビューの中に、体重が95キロから76キロに減ったってのがありました。そのくらい大変だったみたい。

ストーリー自体は、このディズニー無許可でっていう話題性がなかったらぶっちゃけ駄作だとは思うんだけど、世界で一番幸せな場所であるはずのディズニーランドをうまくいかない夫婦関係に言うことを聞かない子供、しまいにはクビになってしまったという最悪な状態である父親のジムの精神状態をうまく使って悪夢の世界に変えちゃっていたのはすごいと思いました。



ロイ・アブラムソン
エレナ・シュベル 
ケイトリン・ロドリゲス
ジャック・ダルトン
監督:ランディ・ムーア

アメリカ 2013年
★★★☆☆
ホラー SiFi







関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのトラックバックURL
http://lahaina61.blog3.fc2.com/tb.php/931-b3e73044
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。